漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

結婚を考えている彼氏の両親に挨拶に行くとき大切なポイント5つここを注意して成功させよう

結婚を考えている彼氏の両親に、家に挨拶に行く方へ。最初の印象はとても大事で、ここでは大切なことを5つお伝えします。失敗がないように注意しておきましょう。

〇彼と打ち合わせしておく

彼と話をしないまま、両親と話したのでは話がかみ合わないことが多くなります。結婚を考えていると言っても、いつが希望なのか、婚約や結婚式に関してはどんな思いがあるのか最初に彼氏に、伝えてもらっておきましょう。最悪なのは、女性が結婚しようと思っているけど、男性がまだまだ先と思っている場合です。結婚や婚約について思っていることがあれば、話しておきます。トラブルになるケースは、同棲です。女性の親でなく、男性の親も同棲にはあまりいいイメージをもちません。しばらく一緒に暮らすというのは、むずかしいと思っておきましょう。

〇言葉や服装

彼のご両親はあなたより、年上です。最近年上の人には敬語を使わなくてもいい場面も多いですが、やはり彼のご両親には敬語を使いましょう。服装はフォーマルでなくても構いませんが、ワンピースやスーツで、地味な色を選びましょう。メイクは薄くして、素顔で行くのは避けましょう。手土産はあったほうがいいですが、金額は美味しいと評判の、スイーツをもっていきます。できれば有名百貨店で、高齢者にも人気のお菓子を選んでもらいましょう。高価だからいいというわけではありません。ひとつひとつ丁寧に包装されている商品を、選びましょう。

〇話題は

今回は初めてということで、自己紹介というイメージになります。仕事や趣味のことなど、あまり深いことではなく誰にでも話せるという内容にしておきましょう。自分からしゃべるのではなく、聞かれたら答えるという感じです。趣味でいいイメージなのが料理です。母親は、美味しい料理を作ってくれる彼女がいいと心の中で思っています。今下手でも問題なく、習いたいという気持ちがあればいいのです。もし料理が下手でも、彼から母親にいうのはやめてもらいましょう。言ってはいけないことは、彼の悪口です。親は彼のことを愛していますからちょっとしたことでも気になるのです。また結婚して、仕事をするかどうかもはっきり言わないほうがいいです。これは親によって、考え方がかなり違います。最近では専業主婦を嫌う親が多いので、仕事をやめるとは言わないほうがいいでしょう。

〇違和感があるときも

彼氏の親への挨拶ですが、すべて順調にいくとは限りません。相手の親の話に、驚くこともあるんでしょう。しかし違和感があってもそれをすぐに顔に出さずに、笑顔で対応しておきましょう。相手の親とは生きた時代が違うので、価値観が違うのはよくあることです。それでもどうしても無理ということは、帰ってからじっくり考えましょう。

〇これからのこと

彼氏の親に挨拶したら、これからのことを考えましょう。結婚すると親ともおつきあいがスタートします。どうしても難しいと思うこともあるでしょう。もしも良い人だったとしても、同居話が出るようでは結婚を考える必要があります。同居はうまくいきません。外から見てうまくいっているように見えるのは、お姑さんかお嫁さんか夫が我慢していることが多いのです。もちろん女性の親との同居も、男性の親にしてみればあまりいい気持ちがしないでしょう。結婚はふたりでスタートするほうが、圧倒的にうまくいく可能性が高いのです。

〇最後に

ここでは、彼氏の親に挨拶するときの注意点をお話しましたが、いかがでしたでしょうか。最初の印象は大事で、悪い印象を与えてしまうと、これからがたいへんです。言葉使いやメイク、話す内容についても気を付けましょう。彼と結婚したいときは、親にいいイメージをもってもらうことは大切です。