漫画の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

お金を失って、借金が残り、それでも頑張って夜勤の仕事をして、カードローンを完済し、副業で稼ぐ

 楽して儲かる話はない。それは、騙されて、お金を失ってみて思ったことです。お金を稼ぐというのはどれだけ大変なことであるかについては、従業員で働いて、給料を貰っていたら分からなかったです。従業員で働いていたら、働いたら給料という名前でお金が預金口座に振り込まれます。すると、甘い案件がFacebookで自分の所にやってくると、つい手が出てしまいました。もう、騙されたくないと思っていましたが、動画を見ている内に、こんなに楽して稼げる方法があったんだと、興味を持ってしまいました。そして、高いお金払って、情報を手に入れようとしました。

 暗号通貨で日利1%で稼げるという甘い話に乗ってしまい、カードローンで借金したり、貯金を遣ってお金を用意し、振り込んだことが原因で、預金残高が一気に減ってしまいました。その上、お金に困っていた知人に「お金を貸してほしい」と頻繁に言われ、少しだけならと貸したことがきっかけでどんどん貸していくことになりました。

 100万円あった預金は暗号通貨と知人に貸したりして、なくなり、数十万円の借金に変わりました。

 そして、勤務先でパワハラに遭い、うつ病と診断され、退職し、10日後に転職しました。無職の間はお金が入ってこないことに精神的に追い込まれました。その時に、親類に不幸があり、更に支出が発生し、最悪でした。

 転職しても、少ない給料で何とかしなければならず、生きた心地がしなかったです。転職先はブラック企業であったため、仕事に行くのが精神的にしんどいかったです。逃げては駄目だと思い、少しの間頑張って仕事に行き、上手く転職先を見つけて、転職しました。

 無職の間は、働きたくても働けなかったので、働けないことがどれほど辛く、苦しいものかが分かりました。休みの少ない職場で長年働いていたので、ゆっくり休みたいという思いはありました。しかし、ゆっくり過ごす内に、お金が減っていくことに精神的に追い込まれていきました。孤独感を味わいましたし、ずっど家に居ると家族も心配すると思い外出先を探していました。目的もなくウロウロするのも段々嫌になっていきました。

 家で何もしない訳にはいかず、家にあった不用品をメルカリで出品しました。すると売れました。「こんなに簡単に売れるんだ」と嬉しくなりました。長年、副業でなかなか稼げなかったですが、ようやく稼げるようになりました。

 

 転職先では、介護の夜勤専属として派遣社員として勤務し、頑張って夜勤をしました。休みが多かったので、もう少し働きたいと思いました。人手不足であったため、協力させて頂きたいことをお伝えし、日勤もするようになり、給料が上がっていきました。介護職でとして働いていたら、正社員ですら貰えないような給料を貰うことができ、感謝しました。そして、毎月、10万円ずつカードローンやクレジットカードの借り入れ残高を減らしていきました。

 今では、カードローン、クレジットカードの借金は完済し、預金残高を毎月10万円ずつ増やす計画を立てて実行しています