漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

まさに神がかった、凄テクなプログレ・ハードロック・メタル集団!「筋肉少女帯」が私のオススメのバンドです!

私がお勧めするバンドは「筋少」こと、「筋肉少女帯」です。

バンド・ブームでブレイクして世の中に出てきたバンドですが、インディーズの時代(ナゴムレコード)から人気が有り、当時の名前は「筋肉少女隊」、メジャーデビューに伴い「帯」に変更になっています。

世の中の人達の大多数の認識は「元祖・高木ブー伝説」のバンド(恐ろしい事に、このプログレ色が相当強い曲で「ザ・ベスト10」に出ていたのだから当時が相当狂ってると思います。詩もよく読んだら深い意味合いでコミックソングでは全く無いのです)。で、コミック・バンドのイメージが有るかもしれませんが、音楽ファンの中ではカリスマ的なバンドです。

1度活動休止し、2006年に再始動、今年がメジャーデビュー30周年になります。

再始動の際に各音楽雑誌が「もはや神の領域」とまで絶賛したほど、実は実力派のバンドです。

今はそれぞれが別の仕事やバンドも持っていますが、そのルックスや演奏形態は殆ど最盛期と変わる事がなく(ボーカルの大槻氏の髪が白い位、他メンバーは当時よりも何故か若い(!)です)、再始動時に最盛期のドラマー「太田明」氏が抜け、ドラムとキーボードがサポート・メンバーという形態で演奏をしていますが、元祖筋肉少女帯のメンバーであった「エディ(三柴理)」が加わる事により、メタルギタリストの「橘田文彦」氏と繰り広げる演奏バトルが本格化し、そこにサポートドラムの筋少ファンである長谷川氏が加わる事で、重厚さとクラシカルな面が一気に加速、日本では他が真似出来ないレベルの域まで本当にいってしまったので、長年のファンにとっては橘田氏が加入前に脱退した「エディ」と「橘高」の演奏バトルは夢のまた夢、それがメンバーが40歳近くでようやく実現し、更に演奏レベルも落ちる事が無くパワー・アップし、今も尚進化し続けている所が本当に凄いバンドです。

去年発売になった、フルアルバム「FUTURE!」では更に進化、本格的プログレ曲を堂々と披露していて(それがまた、素晴らしく美しくてカッコイイ)、本当に素晴らしいバンドになったと思います。

時々サービス的に行っている「ニコニコ動画」で配信されているLIVEも、観客が100万人を突破、絶賛の声で溢れています。

更にお勧めとして書かねばならないのは、筋肉少女帯のLIVEの楽しさです。

英語スペルで「KING-SHOW」と全盛期から謳っている通り、筋肉少女帯の真髄はLIVEに有ります。一度でも本物のLIVEに行った事が有れば、あまりの楽しさに中毒になります。(ただ、かなりの爆音の為、耳をやられたり、ヘドバンの波に押されてもの凄い事になるので体力が必要です)。

大槻氏のトークの面白さも、一体何処まで行くのか?どうしてあそこまで面白いのか??ここまでファンなら、多分一生ファンで居ると思いますが、とにかく楽しい!更に演奏陣がもの凄い迫力で上手いので、前列で見ていると、まるでギターの教則ビデオを見ているがごとくな感じになります。

ただ、筆者は地方住みなので、関東・関西圏は結構LIVEが有るのでとても羨ましく、地方在住なら遠征しなければ観れない過酷さが有ります(時々、ギターの本城さんのインスタに来て欲しい旨コメントはしていますが中々来ない・・)。

でも、「行けない・・行けない・・」と思っていたら、メタル色もバリバリのバンドなのでメンバーが一体いつまで出来るのか解らないから「早めに仕事もお金も何とかして遠征しなければ解散してしまう・・!」と、地方住みのファンとしては焦っています(DVDでは本物のLIVEとは比較にならないので。

筋肉少女帯に関して書いていたら、ずーっと書き続ける自信は有るのですが、止まらないのでこの辺で。今は男性ファンの方が多いかもしれませんが、女性にも男性にも老若男女にお勧めのバンドです!