漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

セブンイレブンに行ってツナマヨのおにぎりを購入して食べることが私の大好きなことである。

私が大好きなことはセブンイレブンでツナマヨのおにぎりを購入して食べることです。

私はセブンイレブンのツナマヨのおにぎりが好きです。コンビニのツナマヨのおにぎりが好きということではなく、ファミリーマートのシーチキンマヨおにぎりでもローソンのシーチキンマヨおにぎりでもなく、セブンイレブンのツナマヨのおにぎりが好きだというこだわりがあります。

家の周辺にはセブンイレブンやローソンがあります。また、家の最寄駅周辺にはセブンイレブンやファミリーマートがあります。それから通学先の最寄駅にはセブンイレブンやファミリーマート、ローソンが揃ってあります。それでも毎回セブンイレブンを利用します。

どれくらい利用するかというと、最低限で週に1回、最高で週に3回といった具合に、昼飯を買うという理由で利用します。

当初はセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン関係なくツナマヨのおにぎりが好きでした。コンビニに行く機会がある時にツナマヨのおにぎりを常に購入していました。それが大学に入ってからでは、限られた昼休みという時間に課題をやらないといけない場合もあれば、サークルの話し合いをしないといけない場合もあり、ゼミの打ち合わせをしないといけないこともあります。そのため、昼飯は穏便に済ませる必要があります。それには手軽に食べるというのが良いです。それがおにぎりでした。

そういった理由により、今の私は大学がある日の昼飯の内容はおにぎりだという確率が高いです。

とある日に、セブンイレブンのツナマヨのおにぎり、ファミリーマートのシーチキンマヨのおにぎり、ローソンのシーチキンマヨのおにぎり、どちらが美味しいか気になり、食べ比べてみることに決意しました。そこで、食べ比べた結果、セブンイレブンのツナマヨのおにぎりに入っているツナマヨの量が競合他社と比較して多い印象を受けたのと、味も美味しく感じ、価格も税込で115円という納得のいく価格だったので、セブンイレブンイレブンのツナマヨのおにぎりを買おうと決めました。

セブンイレブンで買ったツナマヨのおにぎりを食べるたびに、友人に「食べ飽きない?」や、「またセブンのツナマヨのおにぎりを食べているの?」と聞かれても、毎回セブンイレブンのツナマヨのおにぎりを購入してしまいます。そのような私でも、さすがにセブンイレブンのツナマヨのおにぎりに飽きてしまうこともあるので、その時は別のおにぎりを購入するのですが、結局、基本的にはセブンイレブンのツナマヨのおにぎりを購入してしまいます。

気がつけば、私はツナマヨのおにぎりが大好物になっていました。セブンイレブンのツナマヨのおにぎり、ファミリーマートのシーチキンマヨのおにぎり、ローソンのシーチキンマヨのおにぎりの中でセブンイレブンのツナマヨのおにぎりが一番好きです。それだけではなく、セブンイレブンのおにぎりの商品の中でツナマヨのおにぎりが一番好きです。さらに、各コンビニのおにぎりの中で一番好きなのがセブンイレブンのツナマヨのおにぎりです。

毎回セブンイレブンでの同じ店舗でおにぎりを購入しているため、とうとうセブンイレブンで働いている店員の名前や顔まで覚えてしまいました。店員側も私のことを覚えているのだと思われます。実際私はおにぎりをレジに持っていく時に、現金で払うのではなく、auのWalletカードで支払うタイプを取っています。さらにレシートも必要な派です。当初は、「auのWalletカードで支払います」と言い、auのWalletカードで支払った上に、「レシートは要りますか?」と聞かれ、「要ります」と答えていましたが、最近は店員が私のことに気付くと、何も言わなくてもauのWalletカードで支払うことに対する承諾、それから何も言わずにレシートも渡してきます。その点に関し、店員に顔を覚えられるほどにセブンイレブンを利用している自体に恥ずかしく感じてしまいました。

それでも、私はセブンイレブンで買ったツナマヨのおにぎりを食べることが大好きなことであるため、どうしてもセブンイレブンに行ってツナマヨのおにぎりを購入してしまいます。それから、友人をはじめとする、周囲の方々にセブンイレブンのツナマヨのおにぎりを勧めていきます。セブンイレブンのツナマヨのおにぎりの魅力を広めていくと幸いなのだと感じています。

私がセブンイレブンのツナマヨのおにぎりを食べている時間帯は昼休みであり、そのおにぎりを食べながら課題をこなしていたり、食べながら勉強するという時間が私にとっての休憩時間になります。脳裏にはツナマヨのおにぎりのことを美味しいと感じつつ、左手にはおにぎりを握り、右手にはペンを握っているという状況です。そういった状況がリラックスタイムにも該当し、セブンイレブンのツナマヨのおにぎりを食べながら勉強するというのは、私にとって効率的な勉強方法だと自負しています。

これからも昼飯を買うときにセブンイレブンのツナマヨのおにぎりを利用していきたいです。