アンチ夢の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

パチンコにはまってしまい、たくさんのお金を失いました。ギャンブルはお金の失敗を生みます。

私はギャンブルのパチンコとパチスロにはまってしまい、多額のお金を失ってしまいました。おそらく何百万円というお金を失いました。

とにかくギャンブル、特にパチンコとパチスロにはまっている時は、その事しか頭にはなかったです。仕事をしている時も、早くパチンコやパチスロがしたくてしたくてたまらない時がありました。ずっとパチンコやパチスロの事ばかり考え、早く仕事が終わらないかとソワソワイライラしていました。

まさにギャンブル依存症という言葉がピッタシの状態でした。本当にパチンコとパチスロが好きで好きで、1日休みの前の日は、明日何処の店に行こうかと、よく流行っている店を探しては、朝早くに並ぶ準備をして、当日は、朝早くに並んで、パチンコやパチスロをしていました。そして、よく出ている店と思って、一生懸命並んで、よく出る台を調べて、その台を打ったとしても、1日で10万円程負ける事も、当たり前のようにありました。

その当時は私はフリーターで、彼女と同棲をしていたのですが、毎月お互いに20万円程ずつ収入はあったのですが、半分程はギャンブルで使いきってしまい、貯金をする事も出来ませんでした。同棲相手との結婚資金を貯める事も出来ず、ほとんどのお金をギャンブルで失う毎日に、本当にうんざりしてしまいました。

幸い、借金をするまでは至らなかったですが、ギリギリの所まで追い込まれました。特に追い込まれたのは、私の気持ちの方です。仕事中もギャンブルである、パチンコやパチスロをしたくて、そわそわしてしまう自分自身の感情を抑えられない事に、危険を感じました。

それからギャンブル依存症を克服しようと、私の苦闘の日々が続きました。何度もやめようと思っては、やってしまうという事を繰り返しました。彼女も私と一緒にパチンコやパチスロに付き合ってくれるのですが、ギャンブルに勝った時は、お互い機嫌よくご飯を食べに行けるのですが、負けた時は、お互いに機嫌が悪く、言葉数も少なくなりました。この苦闘の日々を何とか乗り越える為の努力は今も続いていて、完全にパチンコとパチスロをやめる事は出来ていませんが、以前よりは行く回数はだいぶ少なくなりました。

それは、一緒に同棲していた彼女と結婚して、子どもが4人出来た事もあります。子どももいるのに、まだギャンブルであるパチンコとパチスロをやっているのかと思われるかもしれませんが、それだけギャンブル依存症を克服するのは大変という事です。