漫画の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

プログラミングを始めるのは今から。人の仕事が減っていきます。そのなかで生きるにはプログラミングの考えを学びましょう

皆さんは知っていますか?

2020年以降に実施される、プログラミング教育必修化を盛り込んだ学習内容に変わることを…

実は、AI(人工知能)が急速に発展していて、今ある仕事が年を重ねるごとに減っていきます。

例えば、スーパーのレジは自動精算機に、ホテルや旅館などの受付の人はロボットなどドンドン人の仕事がなくなっていきます。 では、これからも生き残る仕事はなんだろうか?

ロボットに出来なくて、人だからこそできることはなんだろうか?なかなか難しいですが、人がやるから安心することが今後も生き残る仕事だと僕は思います。

例えば、保育士さん・病院の先生、看護師さん・介護士さん・教師・ダイビングのインストラクターなどなど。

保育士さんがもしロボットだったら…想像もつきません。ロボットに子どもを預けたいかと言われると、不安で不安だと思います。

病院の先生や看護師さんがロボットだったら…

人の気持ちや人の考え方や感じ方をロボットが理解できるとは思えないです。もし、自分が手術をすることになったらロボットだったら手術前に気を和らげてくれるような対応や咄嗟の行動は難しいと思うのでやはり、人に

手術をしてもらいたいです。

このように考えると直接人に関わる仕事や人と人だからこそ信頼できるという仕事は生き残ると思いました。

AIはいろんなことができますが、必ず誰かがプログラミングしています。誰一人同じ人はいないので、同じ行動取らないかも知れないし、気持ちが違うかも知れないし毎日が違うのでプログラミングでは現せないと思います。決められたものには素早く反応しますが、臨機応変に対応する力はAIにはありません。臨機応変に対応するのは人でも難しいですが、臨機応変に対応できる力が求められるのは人しかできないことだと思います。

これからはプログラミング的考をすることが求められます。 何もかもが上手く行くわけではないです。まず、どんな目標を持つか?達成するためにはどんな技術や知識が必要か?どう学ぶのか?を考えられる力が必要です。上手くいかないときに、諦めるではなく、なんで上手くいかないかを考えて、どうしたら成功するかを考えて挑戦し続けることが大切です。

プログラミングを始めるのは今始めるのがいいです。

人間性がものすごいつくと思います。