アンチ夢の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

ラッドウィンプスの概要と個人的に好きな曲。私が考えるラッドウィンプスの魅力を記事にしました。

ラッドウィンプスがおススメです。大好きです。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)は、日本の4人組ロックバンドです。所属レコード会社はEMI Recordsだそうです。略称は「ラッド」です。

メンバーは、

野田洋次郎(ボーカル・ギター・ピアノ)

桑原彰(ギター・コーラス)

武田祐介(ベース・コーラス)

山口智史(ドラムス・コーラス)

という編成です。しかし、ドラムスの山口さんは2015年に持病の悪化により、無期限休養をしていて、現在はサポートドラマーの方がドラムに入っている状況です。

ラッドとの出会いは、友達がカラオケで歌った「愛し(かなし)」という曲でした。

「いい曲見つけたから、聴いて」

と言われ、歌詞に衝撃を受けました。

こんな優しくて、美しい歌詞をかけるなんて、野田洋次郎はまさしく天才だと。。。ズキンと突き刺さるような歌詞と、野田洋次郎の感覚に、ラッドのファンはうち焦がれるのだと思います。

一番好きな曲は「ふたりごと」です。あの歌詞がすごく好きですが、

「六星占術だろうと〜、大殺界だろうと〜」

という歌詞は今歌うと時代遅れな感じで少し恥ずかしいので、最近はあまり歌わないけど、ダントツ1位の曲です。歌詞がすごく可愛いです。歌い出しが好きです。当時はこんな風に思われたいなと思ってました。

「今からお前に何話そうかな〜、どうやってこの感じ伝えようかな〜、少し長くかかるかもな、でもね頑張ってみるよ」

という感じが、まるでふつうにおしゃべりしているような感じ。でさらに、

「今世紀最大の突然変異ってくらいにおまえは美しい」なんて、こんなこと言われたいって思ってしまっていました。ラッドの中でもすごく人気な曲だと思います。

2番目に好きで、カラオケでもよく歌う曲が「memeshi」です。高いキーの歌でなく実に歌いやすい。

のんびりした曲調の歌です。野田洋次郎の声をよく感じることが出来る曲です。

可愛い歌詞から、人の心の闇をつくようなドス黒い歌、また、世界平和への投げかけのような曲、色々な曲を作れるのがラッドの1番の魅力です。特に、「奇跡」という曲は、歌詞を見て鳥肌が立ちました。聴きながら、泣いてしまいました。

「誰かが笑ってる横で誰かが死んでく」

という衝撃的な歌詞。僕に出来ることは何かないだろうかという、優しくもダイレクトに社会に世界平和を投げかけていくこの感覚。なんとも言えない気持ちにさせます。野田洋次郎が語るからこその世界平和への投げかけの意味があると思ってしまいました。とても素晴らしいバンドです。