漫画の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

現地の人と触れ合う事ができる旅行が大好きです。新しい自分を発見できる部分も魅力です。

<私は旅行が大好き>

私は旅行が大好きです。四国の田舎に住んでいるので東京や大阪等の大都会に行く時はワクワクしますし、逆に田舎に行く時でも自分の住んでいる場所とは全く違った魅力があるのでそこに強く惹かれます。

旅行に行って色々な経験をする事でさらに成長した気がしますし、強く「自分は今生きている」と思えるところ、そして今まで知らない自分が見つかるところが私は大好きです。

色々な場所に旅行に行きましたが、その中でも強く思い出に残った場所を2ヶ所紹介します。

<沖縄>

私が旅行を好きになったきっかけが修学旅行で沖縄に行った事です。2002年の1月に行きました。

当時はアメリカ同時多発テロ事件の影響で沖縄に行けるかどうか分からなかったのですが、無事に行けるようになって心底ほっとしました。

青い海青い空が広がる、観光地で有名な沖縄に一度行ってみたかったからです。

空港から出るとそこはヤシの木が広がりまるで日本ではないような温かさでした。その温かさに私はもちろん、一緒に行った同級生たちも同様に感激していました。

その後沖縄の観光地をいろいろ巡りました。首里城はその鮮やかさと華やかさに感激し、平和記念公園では沖縄の戦争体験等について勉強しました。

夜は海の近くのホテルに宿泊しましたが、その海は今まで見た事ないほど美しかったです。

私が住んでいる場所にも近くに海がありますが、その海とは全く違う青さにすっかり心惹かれてしまいました。「こんなにキレイな海が近くにある沖縄の人はいいな」と羨ましく思いました。

その後はガラス工房へ行ったり、ソーキそばを食べに行ったりと楽しい思い出をすごしました。そして旅行の非日常感や現地の人とのふれあいにすっかり魅了された私は旅行が大好きになってしまいました。

<鹿児島>

沖縄の他に私が大好きな場所があります。それは鹿児島です。父の出身地である鹿児島には何度か行った事がありますが、観光地が魅力的な事、そして何より食べ物がとても美味しいので大好きです。

そんな鹿児島で私は亡くなった叔父にあまりメジャーではない海がとても美しく見える場所に連れて行ってもらいました。その海の美しさを私は大人になった今も忘れる事ができません。

鹿児島の南側の海で沖縄の海の美しさと高知の太平洋の荒々しさが混ざりおそらくここでしか見る事ができない美しさがありました。

また行きたいのですが、残念ながら詳しい場所を教えてもらおうと思っていた矢先叔父は亡くなってしまいました。

父は残念ながらその場所を知らないそうなので、おそらく永遠に分からないと思います。

永遠に分からないからこそ10年以上たった今も私の思い出として強烈に心の中に残っています。

こうした切ない経験ができるのも旅の魅力だと思います。