漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

読むと燃える!熱くなる!自転車に青春をかける高校生達の汗と涙の物語・弱虫ペダルがオススメ!

私のオススメのマンガは、週刊少年チャンピオンにて連載中の「弱虫ペダル」です。

このマンガは、とにかく熱いです!

このマンガとの出会いは、弱虫ペダルのアニメに好きな声優さんが出るからと軽く見始めたのがきっかけです。

私自身学生時代にスポーツに熱中してこなかったせいか、あまりスポーツ系のマンガにはハマることはありませんでした。

ですが、このマンガは見ていると胸が熱くなってきます。

自転車競技という今まで知らなかった世界がとても新鮮でした。

とても奥が深いスポーツだと思いました。

主人公の小野田坂道が総北高校自転車競技部の仲間達と信頼を築きながら、ライバルと戦いながら、成長していきます。

同じチームのキャラクター達はとてもまっすぐな男の子ばかりで、見ていると自然と応援しています。

「みんなで一緒に、助け合って優勝を勝ち取る」という戦略で、チームの団結力は本当に素晴らしいです。

情に熱い子達ばかりです。

インターハイという大舞台のメンバーへ選ばれるべく、個々でその想いへまっすぐに努力する姿はかっこいいです。

メンバーを選ぶストーリーは、とても印象深いです。

また、ライバル校のキャラクター達も個性的で面白いです。

個人的には、とても箱根学園の選手達が好きです。

総北高校の戦い方とは違く、「それそれがエース、それぞれが役割を果たす」といった感じです。

みんなとにかく考え方が、走り方がかっこいいです。

しっかりそれぞれのキャラクターが掘り下げられていて、なぜ自転車を始めることになってのか、なぜ速くなりたいのかなどが読めて楽しいです。

総北高校と箱根学園のキャラクターの関係性にも、ぜひ注目して頂きたいです。

オススメはこの二組です。

ひょんなことから出会った総北高校・小野田坂道と箱根学園・真波山岳。

二人がお互い切磋琢磨するライバルになっていく姿だったり。

ずっとライバル同士でやってきた総北高校・巻島裕介と箱根学園・東堂尽八。

ライバルがいることのありがたさに感謝しつつ、戦う姿だったり。

ただ、いがみあって戦っているだけじゃないところに、とても感動しました。

弱虫ペダルは、根本的な自転車の楽しさも教えてくれます。

読んでいるうちに自転車に乗りたくなってきてしまいます。

このマンガをきっかけに自転車を始めた方が多いみたいです。

私もそのうちの一人です。

読んでいると楽しく、キャラクター達の情熱に燃え、感動できるマンガです。

自転車にかける青春は、とても尊く、素晴らしいです。