漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

海釣りに行く時特に上ものを釣りに行く時に使うどんぐりウキや、自立式棒うきのついての考察

堤防や、磯などによくチヌやクロを釣りに行きます。引きが強くまた、食べて身が閉まっておいしいです。

磯釣りなどでは、特に人気があります。本格的に船であげてもらっていく人もいます。

その時、仕掛けの一部として、絶対に必要となってくるのが、ウキです。

ウキには、大きく分けて、棒ウキ、どんぐりウキがあります。

そのことは、前回紹介しました。

今回は、自立式棒ウキとどんぐりウキも比較的誰でも使うウキについて、書いて行きたいと思います。

まず、自立式の棒ウキについてですが、使う時というのが、比較的波が穏やかな時期や、軽めの仕掛けで、2~3ヒロくらいのタナが浅く、水中ウキや鉛の1号とかを使えないような、軽めの仕掛けで浅めのタナといった感じのときに使います。

海が、凪で風がそれほど強くない時が、一番適していると思います。自立式は、棒ウキ自体に浮力に必要な鉛がウキの中に入っています。

したがって、棒ウキそのものが、何も付けずに水の中に入れると、立った状態で浮きます。

風が強く吹く時も使い方は、あります。棒ウキのトップを自分でわかるところまで、ガン玉などを、ハリスに打って調整すると風の影響を受けにくくなります。

そういった使い方をすると使えます。また、自立式ウキには、仕掛けが絡みにくいです。それは、ウキそのものに鉛が入っているので投げる時に絡みにくくなります。

しかし、風が強かったりする時など絡みますので、からまんぼうのような、ウキの1.5倍くらいとってつけておくと絡みません。

自立式棒ウキは、チヌが浮いた時やクロを狙う時に使います。

よって、春先など水温が上がった時などに魚が浮いた時に使います。

タナによってこのように棒ウキも使い分けます。

どんぐりウキは、なんといっても操作性がよく風に強いです。

また、アタリをウキそのもので取るという事ではなく、単なる、仕掛けをポイントに落とすための手段として使う事があります。その場合、どんぐりウキそのものを沈めて使いますので、ウキでアタリをとったりするのでなく単なる仕掛けを運ぶための道具になってしまいます。

どんぐりウキにも、自立で浮きそのものが鉛が入っていて浮くもの、鉛で浮力を調整しなければならないものなどあります。

また形にもいろいろあります。丸い形のものやドングリ型のものやななめの形の仕掛けを飛ばすためのもの、スリムな形やずんぐりとしたどっしりとして形のもの

それぞれが、釣り方や条件によって使い分けます。