漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

キャベツとお出汁残り物の酢の物とさっぱりとした、クリームシチューの簡単な作り方。

あまり食材を余らしたくない気持ちで作りました。

 

まず、出汁をとった昆布と鰹節で結構なので用意します。(取ってなくてもオッケーです)

 

それから、ザグ切りにしたキャベツそれだけです。

 

調味料は塩とさとうとお酢。

 

 

 

まず、残り物の昆布を千切りにして、食べやすい大きさにします。

 

まず、塩を軽く一つまみとってキャベツに振りかけます。

容器を汚したくない場合はポリ袋にいれてください。

 

キャベツの量は4分の1程度で十分です。

 

三十分ぐらいおいて、そして軽く揉んでください。

 

そうすると少し水が出るかと思いますので、軽くで結構ですので絞って余分な水を捨ててください。

 

そして、残り物の昆布と鰹節をいれて混ぜてください。

 

かるく混ざったら、今度はそのなかに砂糖大さじ一杯、お酢大さじ一杯いれてください。

 

味付けはお好みですので、各自で調節お願いします。

 

冷蔵庫で一時間ぐらい冷やしていただければ美味しく食べれます。

 

この時期に少しさっぱりとしたものはいかがでしょうか。

 

 

もう一つ。

 

個人的に市販のクリームシチューはむつこくて、あまりすぎではないので基本的に手作りしています。

 

 

まず、基本のじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、鶏肉を準備します。

 

 

お好みで、コーン、キャベツ、ブロッコリーなど何でも合います。

 

キノコ類も舞茸など色が出る食材がきにならないならば何でも大丈夫です。

 

そして、牛乳、バターなど油もの、塩コショウ、コンソメキューブ、小麦粉

 

この材料でヘルシーなクリームシチューはできます。

 

 

 

まず、

 

鍋に軽めに水をいれてそれぞれ食べやすい大きさに切った食材を投入します。

 

そして、軽く火をかけて食材に火を通します。

中火程度で結構です。

 

火が通りましたら、牛乳を500ミリ程度(お好みでいくらでも)いれます。

 

そして、そのなかに続いてコンソメキューブもいれて溶かします。

 

煮詰める必要は今はありません。

牛乳をいれる時点で結構食材に火が入ってますので。

 

そして、変則的ですが、ボールに牛乳を50ミリ程度いれてそこに小麦粉大さじにはいいれます。

 

ホイッパーなどで全力で小麦粉を溶かします。

 

溶かせたらこしきで、こしながら鍋のなかに投入します。

 

この時点で火が入っていても、大丈夫ですが、だまがとても気になるならば消しておいてください。

 

こしながらいれるのであまり、だまはできず、とろみがつくと思います。

 

あとは、塩コショウで味を整えます。

 

この時点で結構さっぱりとしたシチューですが、こくがやはり少ないので出来たらバターを入れることをおすすめします。

 

よかったら作ってみてください。