漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

具沢山の身体に優しい、トマトジュースをベースにした、ミネストローネ風、日本人好みのスープのレシピ

体が温まる、体に優しいスープです。

まず、ロースハムを一センチ四方に切ります。

これをオリーブ油で軽く炒めておきます。鍋に水を入れ、スパイスが沢山入った、ブーケガルニを入れ、香りを出します。温めている間に、薄くスライスした玉ねぎ、賽の目に切ったニンジン、賽の目に切ったじゃがいも、セロリ、何でも良いです。オリーブ油で炒めます。

鍋に、上で炒めた、ハム、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、セロリ、他に、きのこもあれば、入れてください。グツグツ煮込みます。そろそろ、野菜とハムの旨味が出てきたら、トマトジュースを1缶入れます。さらに、コンソメスープで、味を出します。次に、こしょう、スパイスバーブ岩塩を少し入れて、バジルなど、家にあるスパイスも加えます。そろそろ材料が柔らかくなったところで、キャベツの登場です。

キャベツは、春の新キャベツが甘味があり、とても美味しいです。

新キャベツを一センチ四方に切ります。鍋の材料が柔らかくなり、熱々で、沸騰してきたら、さっと、キャベツを入れます。キャベツは、少ししゃきしゃき感が、残ったほうが良いので、あまり煮込まないことが、秘訣です。あとは、味見をして、塩味を調整します。これで、ざっと、家庭的で、身体に優しい、アットホームなミネストローネ風のスープの出来上がりです。最後に、ちょっと深めのどんぶり型の入れ物に、スープを注ぎます。ちょっとパセリを散らすと香りと色合いが綺麗です。

これだけで、一品が出来ました。栄養価たっぷり、野菜をあまりたべられない子供たちにも、また、大人の人たちにも、とても喜ばれる、一品です。また、冷蔵庫に残った野菜を料理したい場合にも、この料理は、大変便利なメニユーです。

さて、スープは、このように出来ましたが、これに合う炭水化物は何があるでしょう。やはり、少し固めのご飯も良いですね。また、フランスパンも似合います。ご飯ならば、リゾット風に食べても楽しいです。カレー用の少し広目の皿に、半分ご飯をよそいます。反対側に、スープをよそい、リゾット風ミネストローネスープご飯が出来上がりです。

また、フランスパンで食べる場合には、スープは、一品として、パンは、ほんのり柔らかく焼いた時に、スープと一緒に頂きます。スープが少なくなったら、パンのはしっこをスープに浸けて食べても美味しいです。

さて、この料理スープのもう少し違った楽しみ方もあります。円柱型の、スープカップに、このスープをよそいます。その上に、とろけるチーズをパラパラと乗せます。これをオーブントースターで、温めます。これで、ミネストローネ風味チーズグラタンの出来上がりです。