漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

なんでも炊飯器に、お米と一緒に入れて炊いてしまう究極の時短料理で忙しい家事も楽々

うちは毎朝ご飯党の家族です。

 

朝からしっかり家族みんながご飯を食べて出かけていくので、母親である私は責任持って家族のための朝ごはんを作らなくてはなりません。

 

そんな主婦の私の裏ワザが、炊飯器になんでも入れて炊飯してしまうことです。

 

まずよく入れるのはイモ類です。

 

ジャガイモなんかは、炊き上がった頃には、ホクホクの柔らかいジャガイモに仕上がってくれます。

 

または、ポテトサラダやコロッケとしてペースト状になっていてくれるのも、とても便利で有効です。

 

もちろん、ちょとバターとお塩をかけて、じゃがバターとして食べるのも、本当に美味しいです。

 

または、サツマイモもとてもいいです。朝炊飯器に入れて一緒に炊いておけば、いつでもお腹空いた時に、蒸した柔らかいサツマイモを食べることができるし、お菓子作りに使うことも出来ます。

 

あとは茶碗蒸しも同時に出来るものです。

 

耐熱の小ぶりの器に、茶碗蒸しの材料を入れて、普通にお米の上に置いて炊いてしまいます。

 

ご飯が炊き上がった頃には、プルンプルンのキレイな茶碗蒸しが、ご飯の上に完成しています。

 

温野菜を作るのも便利です。

 

アルミホイルの上に、人参やブロッコリー、キャベツやキノコ類など、本当になんでも冷蔵庫の中にあるお野菜を適当な大きさにカットします。

 

そしたら、アルミホイルをギュッと口をしめてしまい、これもお米の上に置いて、お米と一緒に炊いてしまえばいいです。

 

お好みのソースやタレをつけて食べれば、温野菜をたくさん食べれて便利です。

 

あとは、蒸し鶏肉や豚肉なども簡単に作れます。

 

かなりの高温で炊き上がるので、ある程度の大きさにカットしてあげれば、中まで火が通ってないということも、ありません。

 

ただ、注意したいのは、一緒に炊いたものの香りがご飯にちょと付きやすいです。

 

一緒に食べるものですし、自分や家族が食べるというなら、大して気にしなくてもいいかと思います。

 

かなりの時短になるし、無駄に光熱費がかからない方法なので、とても便利で気に入って活用している、私の家事の裏ワザです。

 

食べにくいお野菜も、蒸すことで子供からお年寄りまで柔らかくて食べやすいので、とてもいいです。

 

わざわざ、蒸すとなると大きなお鍋を出してきてセットするのも面倒なので、炊飯器をうまく活用して、簡単になんでも美味しく、色んなものを手軽に作って食べていきたいなと思っています。

 

忙しい主婦の朝にはもってこいの時短裏ワザです。