漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

まさかこの歳になって某有名メガネの名探偵が活躍するアニメの登場人物に恋をするとは思ってもみませんでした。

おそらく日本国民であれば名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

名探偵コナン

高校生探偵工藤新一くんが、とある事件に巻き込まれ怪しい薬を飲まされて体が縮んでしまう…!幼馴染の女の毛利蘭ちゃんに会い、とっさに正体を隠し江戸川コナンと名乗り、彼女の父親の探偵事務所に身を寄せる。謎の組織の秘密を暴き、高校生の体に戻ることは出来るのか…?!体は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!

というような感じで、誰もが知る国民的アニメのひとつですね。わたしも飛び飛びですが漫画やアニメを見ていました。

そんな折に、何やらコナンに出てくる安室透という男がやばい。とにかくやばい。という話をネットで目にしました。名探偵コナンの映画最新作(名探偵コナンはここ数年毎年一本ずつ映画を公開してます)を見ると彼に惚れてしまう(執行されてしまう)。まじでやばい。 とのことでした。いやいや、いくら何でもそんな急に惚れるとかいやいや。でもコナンの映画面白いし、見に行ってみようかな〜。という、軽い気持ちで映画を見てきました。

 

はい。結論から申し上げますと、惚れました。しっかり執行されました。なんというか、彼はずるいです。見た目はもちろんイケメン。色素の薄い金髪寄りの髪に浅黒い肌。すらっと高身長でボクシングなどで鍛え上げられた肉体。物腰柔らかで気が利いて仕事もできて料理もできてギターも弾けてテニスも出来て爆弾処理もピッキングも出来て…。そして個人的には一番のツボなところなのですが、彼の愛車はRX-7。めちゃくちゃかっこいい車です。映画では彼のドライビングテクニックを思う存分堪能できます。本当に車好きにはたまりません。真っ白なRX-7とか格好良すぎます。安室透恐るべし。

そして彼、安室透。彼は実は三つの顔を持つ男。トリプルフェイスなんです。普段は安室透として喫茶店でバイトをしながら毛利小五郎の弟子の探偵として過ごし、またある時は悪の組織の一員、バーボン。しかしその本当の姿は、公安警察の潜入捜査官、特務機関ゼロの降谷零なのです。安室透の時はにこにこと物腰柔らかな好青年。バーボンの時は少し妖しげな大人の男。降谷零の時はバリバリ仕事ができる頼れる上司。ちょっと俺様っぽいところがまたいい…。と、ギャップ萌えにギャップ萌えを重ねてくる感じなのです。本当に恐ろしい男でした。

彼についてはまだまだ話し足りないくらいなのですが、少しでも気になる方はこの機会に是非劇場に足を運ぶことをオススメします。きっと彼に執行されますよ。