アンチ夢の国お涙ちょうだい女子ブログ

引き返したほうが身のためかもしれない。

ハードパンチャー幕之内一歩のボクサーとしての物語のはじめの一歩は、鷹村との出会いから始まった!

〈はじめの一歩とは?〉

『はじめの一歩』は、『週刊少年マガジン』に連載中のボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品です。

母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。

「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いています。

〈はじめの一歩のあらすじ〉

主人公幕之内一歩は、母親と二人暮らしの高校生です。

小さいころから実家の経営する釣り舟屋を手伝う、健気な孝行息子で、やさしい性格だがいじめられやすく、帰宅途中はいつもいじめに合っています。

しかし、ある日偶然通りがかったプロボクサー「鷹村守」に助けられ、ボクシングの魅力にとりつかれてしまいます。

日ごろ「もっと強くなりたい」と願っていた一歩は、ひたすらに努力を重ね、プロボクサーになっていきます。

ボクサーは、いろんな事情を抱えている人が多く、そのために、1戦1戦にかける意気込みが様々です。

たった一人の肉親である妹のため、いつも応援してくれるジムの仲間のため、祖国に残してきた肉親のため、そして、たくさんの人間の目標でありつづけるチャンピオンの重い拳などそれぞれ闘う理由があります。

一歩のライバルたちも詳細に描かれており、登場人物一人一人の闘う理由や、事情なども描かれています。

「はじめの一歩」は、ボクシングを通して様々な人間模様も描かれ、その厳しさもリアルに描かれています。

一方、いつもオドオドしていたいじめられっこ一歩にとって、「鴨川ジム」の先輩たちと、今まで闘ってきた様々な対戦相手はかけがえのない仲間になっていきます。

鷹村を始め、先輩である青木・木村や、すでにおじいさんである鴨川ジムの会長らとの毎日の掛け合いは、漫才のように面白いです。

また、最初はいじめっ子だった梅澤も、一歩のひたむきさに感動し、やがて一歩の釣り舟屋を手伝い、一歩のよき理解者となって一歩を支えていくようになります。

「はじめの一歩」は、幕之内一歩という一人の人間を通して、ボクシングだけでなく親子愛、兄弟愛、友情、様々な魅力と爆笑を与えてくれる作品です。

そして、ボクシングをはじめた頃からのライバル宮田一郎との物語も主軸の一つとして描かれています。

ちなみに、物語開始時点で年齢は16歳(高校2年生)で、現在の作中では25歳です。

現時点の戦績は26戦23勝(23KO)3敗、WBC世界ランキングは7位。