漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

保育士の一日の一般的に思われている理想の流れとその現状との大きな違い、なぜ保育士が少ないの?

最近、「給料が上がった」「待遇がよくなった」などいわれている保育士の現状についてです。

給料については、地域によって地域手当や家賃補助が出ており給料以外にも毎月貰えるものがあります。

朝の出勤は通常日は30分前くらいに職場についてます。

着替えて準備をし、その日の準備と行きたいところですが…

泣いている子がいると話しかけないわけにはいきません。

話しかけ、対応します。

また、事務所では、事務手続きや保護者の対応を行っていると気付くと30分たっています。

そして保育を行い、休憩時間。

休憩時間は子ども達が寝ている時間に行います。

とはいえ寝ている子もいれば寝ていない子もいるのでとりあえずご飯を食べてすぐ部屋に戻り寝ていない子を寝かしつけます。

そして全員分のノートの記入、部屋の消毒、日誌の記入、着替えの入れ間違えがないかのチェックをだいたい子どもたちの寝ている2時間の間に行います。

きちんと1時間の休憩を取るように言われますが、そんなことをしていたら仕事が終わりません。

そして午後の保育を終え退勤時間。

退勤をしたあとに毎月提出しなければならない大量の書類を行います。

残業手当はもらえます。

ですが申請をしていない時間のほうが多いです。

きっと残業時間は1つの書類につき半分以下の時間しかもらってないです。

もちろん申請した文はもらっているので自分たちで時間を減らしています。

なぜかというと保育含め月に10時間以上残業している人がいる、または各個人の残業時間に大幅な差があると園長会などで園長が注意をされます。

なので園長はあまり残業をさせたがりません。

そもそも保育の時間と書類の残業時間含めて月に10時間程しか残業しないとしましょう。

書類は5分の1程度しか終わりません。

残りの5分の4は?

園長などがいるときは、残業しているのがバレてしまうので園長などがいない日に残って書類をおこなったり、休日出勤をして片付けたり、自宅に持ち帰って平日は帰宅後、土日は終日行って片付けます。

また、それ以外にも月の制作や行事の作り物などたくさんのことを行わなければなりません。

また行事の日は勤務時間の1時間前には行事の最終準備にとりかかっており、行事が終わって片付けて…

退勤後も作業を行います。

もちろん残業はつきません。

そこまでしていてクタクタの中、保護者からの意見に少しでも答えようと必死です。

待遇がよくなった。給料が上がった。事実なのでとてもありがたいとは思いますが、保育士が足りない。その理由は一目瞭然ですね。