漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

幽☆遊☆白書をもう一度見てみませんか?休載で有名なHUNTER×HUNTERの作者冨樫義博先生の名作!

冨樫義博先生と言えば、少年漫画にふれたことがある人であれば誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「漫画家さんの名前まではいちいち覚えてないやい」というあなた、では、HUNTER×HUNTERの作者といえばさすがにわかるのではないでしょうか。

そう、あの休載で有名な冨樫先生です。と、いきなり不名誉な書き方をしてしまいました。HUNTER×HUNTER連載においてもネーム(漫画の構成段階で描かれるもの。下書きのさらに前段階)同然の原稿が週刊少年ジャンプに載ったり、休載が多過ぎて休載の際「休載再開」などと呼ばれる始末。もちろんこれだけ言われてもなお彼が漫画家人生を送り続け、ファンが辛抱強く連載再開を待つのには理由があります。それはとにかく冨樫先生の作品がおもしろいということ!

さて、しかし冨樫先生も昔からこんなにのんびり漫画を描いていたわけではありません。ちゃんと完成された原稿を毎週何年間も出し続けていた時期が彼にもありました(当たり前)。その時代の作品のひとつである幽☆遊☆白書を今日は紹介します。

ざっくりとしたあらすじはひょんな事故で死んでしまった主人公浦飯幽助が霊界と関わりを持ち、なんだかんだあって霊界探偵として人間界を守るために妖怪たちと戦うというもの。どんどん成長し強くなる主人公、可愛い幼馴染のヒロイン、強い味方、強い敵と少年心をくすぐってやまない少年漫画の王道です。しかもイケメンも多く、初恋は蔵馬(妖怪だが味方。薔薇の鞭を使う長髪の美形。しかもアニメの声優はエヴァンゲリヲンの碇シンジ役で有名な緒方恵美さん)という女性も数多くいるほど。老若男女あらゆる人々が夢中になった名作です。これを今、HUNTER×HUNTERの連載を心待ちにしている人々にこそ読んで欲しいのです。

せっかくですからHUNTER×HUNTERと比較してお話しさせてください。そこそこ癖の強いHUNTER×HUNTERが好きな人もちょっと苦手という人も読める作品なので!まず、圧倒的に魅力的なキャラクターたちは共通している点です。冨樫先生はキャラ造形が他の漫画家と比べて群を抜いています。例えば主人公の浦飯幽助、一見強くて優しい少年なのですが実は不良で平気でヒロインのスカートを捲ったり師匠である幻海に対してもババアよばわり。知れば知るほど親しみやすくなる不思議な主人公です。HUNTER×HUNTERのゴンもただの強くて優しい主人公ではない、どこか闇を感じさせる主人公である点がキャラクターの深さを感じさせます。一方違う点としては安心して読めるという点です。HUNTER×HUNTERはすごく人気のあるキャラクターでも理不尽に惨たらしい最期を迎えたりします。そこがリアルでいいという人も多いですが、きっとこの点は苦手な方が多いでしょう。しかし幽☆遊☆白書はそれほど味方は死なず、死んだとしても丁寧に死亡フラグが立てられ、また最期になかなか大きな見せ場が残されていたりと安心して感動することができます。

幽☆遊☆白書はdアニメストアを利用すれば手軽に全編アニメを観ることができます。ぜひ昔のアニメ、、と躊躇せずに見てほしい作品です。