漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

日本大学アメリカンフットボール 違反タックルプレーに対する大人と選手の相違について

初め映像を見た時、ドラマかと思いました。

まさか 普通の試合の中で あんなプレーがあるとおもいませんでした。

弟がアメリカンフットボールを学生の時からやっていまして かなり練習なり試合で怪我をしていましたから、きついスポーツだとは知っていました。

そんなスポーツですので、ルールがかなり徹底しないといけないはずです。

相手の関西大の怒りは当然だし当たり前だと思います。

しかも 対応が遅くなってしまいましたしね。

監督の考え コーチが優先されるとは思いますが、その分責任があると思います。

学生があんな記者会見をする しかも親御さんが一緒ですが 一人で対応されているのに、監督 コーチは二人。

監督を庇う大学 コーチの対応に憤りをを通りこして、呆れてしまいました。

選手の理解相違でこんな事件になってしまいました。っと あんなに堂々と言えるのでしょうか。

選手の真摯と真っ直ぐに 自分の行動に向かい合う姿とあまりにも違いに 見るのも辛くなりました。

今 当事者の選手 仲間の選手に取り巻く状況は厳しく 辛くなっていると思います。

ちゃんとアメフトをさせてあげたい。普通に学生として過ごさせてあげたいです。

こんな理不尽な事は無いと思いますし 理解できません。

もう アメフトをする権利はないと 苦しい中でもハッキリと言っていた表情を見て 大学側は何を感じたのでしょうか。

監督は体調不良で入院されたとの事です。

コーチは雲隠れをされているそうです。

選手達から背を向けているのだな~っと感じました。

一番に考えてあげる 保護すべき選手達に何も行動されない大学。

優先しなければいけない事を後回しにしてしまい どんどん追い詰められている 一番まずいパターンです。

危機管理という学部があるとか 本当に皮肉です。

学生に教える前に 教育者に教えてるのが先ですね。

不幸なこの件の中で 相手選手が 無事に復帰されたとの事で唯一安心出来た事です。

これから 刑事事件として立件される確率が高いとされているそうです。

真実を語り 責任をちゃんと取り 真摯に相手に許しを乞うこと。

監督とコーチには 考えて行動される事を望みます。

選手には 辛い経験だったはずですが これから 普通に生活を人生を歩んで欲しい。

アメフトでは、きっと嬉しい事も一杯あったはずです。

その結果がこんな形で終わるかもしれないけど 諦めないで 自分の行き方を進んで欲しいです。