漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

自分の好きなキャラや学校を見つけて応援するのが楽しいし、テニスの知識が無くても読みやすい漫画

好きな漫画の中に、「テニスの王子様」があります。

少年ジャンプに連載された漫画でありながら女性人気は凄まじいです。その理由としては、男子テニス部を舞台とした作品なので男性キャラが多いこと、多くの学校のイケメンプレイヤーが沢山登場する事があると思います。

私自身は主人公のリョーマが通う青学と全国大会から主に登場する大阪の四天宝寺が特に好きです。

青学の好きな理由ですが、レギュラーメンバーが個性的でありながら勝つために個々でも多くの努力をしていて、自分に足りない物が何かを常に考えている所です。

主人公のリョーマの成長と青学が全国大会まで勝ち進んでいく姿がメインに描かれているので、一番感情移入がしやすいのもあります。

リョーマは勿論、部長の手塚や副部長の大石などレギュラーキャラが色々な問題と向き合いながら勝負に挑んでいる姿を見ていると応援したくなります。

対する四天宝寺の魅力ですが、全国大会に出場出来るテニスレベルで部活の練習はしっかりやりつつも、部活以外の時間にくだらない事をやっているのが良いです。

大阪の学校で、先生達も挨拶をする時に笑わせたり、生徒達も人を笑わせるという事に命を賭けています。そんな環境で生活しているメンバー達なので和やかムードで仲良いし、自分があんな学校に通っていたら絶対に楽しいだろうなと思わせてくれる学校です。

テニスのシーンは白熱していますが、それ以外の学校の行事の話や部活外のエピソードの所は笑える話も合ってギャグ目線でも見れます。

試合のシーンはありますが、勝つか負けるか、どんな技を出して闘うかという部分だけを見ていても内容は理解できるので、テニスの正式なルールがわからなくても問題はありません。

試合中にはそれぞれのキャラが独自に編み出した技が出て来ますが、現実ではあり得ないような技も多々あります。消える球だったり地面に穴が開くくらいの強い衝撃がある球だったり様々です。

むしろ純粋なルールから沿っている部分もあるので細かい知識がなくても一つの作品として楽しめるというのはあると思います。

主人公や青学メンバーの成長や試合の裏で同じように努力をしているライバル校のテニス部メンバー達。それぞれの学校が自分達の持ち味を活かして戦っていく姿を見ると気持ちいいです。

同じ学校のメンバー同士は勿論、試合中はライバルとして戦った他校のメンバーともテニスを通して仲良くなっていくメンバーも居るので、スポーツを通じて深まる絆は素晴らしいと実感しました。