漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

街中でよく見かけるiPhone修理屋さん!Apple非正規店で修理して本当に大丈夫?

街中でよく見かけるiPhone修理屋さん。

これらはAppleストアやAppleカウンターがあるお店以外全て非正規店です。

でもAppleで直すより安かったり、時間が早かったり、データが消えなかったりとメリットもありますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

非正規店でも大きくわけて「総務大臣認定」の資格を持ってる業者とそうではない業者に分かれます。

ほとんどが「総務大臣認定」を取っていません。

なぜならそれには非常に高額が金額がかかるし、手間もかかります。取ったからといって売上が上がるわけでもありません。

資格を持っている業者だからと安心ってなワケでもありません。

非正規店の怖いところはまずパーツなApple純正とは違います。

新しいiPhoneになればなるほどこのパーツの違いで非常に不具合がでます。

ここからはiPhoneのガラス・液晶交換のお話です。

例えばiPhone8なんかは交換してもiOSのアップデートをしたら使えなくなったなどの話も実際にありますし、お店も使えなくなることを知っていて交換します。

なぜそんなことが起こるかと言うと「純正パーツ」ではないからです!

「当店はApple純正パーツを使用」とか「純正同等品」とか見かけますが、Appleが他にパーツを販売していない以上ありえない話なんです。

iPhoneのパーツはどこで入手するかと言うと中国から輸入して使っています。

中国ではiPhoneのパーツは誰かがAppleから流した純正だけど品質的に問題があったかなんだかで流れてきたものと純正をもとにした「コピーパーツ」があります。

修理代金が「地域最安値」などと書かれたお店はだいたいこのコピーパーツを使っています。

特に問題ないようなことを言ってますが、実際は液晶の発色も悪いし、ドットも荒いです。

しかもガラスと液晶が一体型になったパーツと交換するので元々液晶になんの問題がなくても交換後は液晶不良が起きたらタッチセンサーがおかしくなってちゃんと反応をしなかったりします。

でも交換したお店ではちゃんと説明するところはほとんどなく中には「割れるほど強い衝撃なんでガラス以外にも不具合があっても仕方がない」と説明するお店も多々あります。

これは「総務大臣認定」を掲げている業者でも同じです。

しかも一気にお店が増えたせいでiPhoneについて知識か乏しい業者もたくさんあります。

中にはYouTubeを見ながら直す修理屋さんもあるので驚きです。

そして修理後今までなんともなかった部分が不具合を起こし、再度持っていったら「今回の修理でそこは触ってない」とか「初めからおかしかった」などとんでもないことを言う業者も多いてす。

なので実際見えるところで修理する業者さんは非常に少ないですよね。

実際私も働いていましたが、今iPhoneが壊れたら絶対にAppleに行きます。

iPhone修理屋さん、正直危険です!