漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

鉄道博物館を大宮駅から電車に乗らずに目指す、ゆったりのんびりたっぷり鉄道を楽しみます

鉄道博物館を目指すなら、大宮駅からニューシャトルに乗って、鉄道博物館駅から行くのが一般的なのかなと思います。

でも、大宮駅から鉄道博物館までの道は、鉄道の街ならではの見所が満載です。

大宮駅のビル郡を抜けると、 JR東日本の大宮総合車両センターが現れます。

車両センターは年に1度だけ一般公開されるので、通常は中に入ることはできません。

でも、車両センターの外壁には、いろいろな鉄道の写真パネルが説明つきで飾ってあるので歩くのが楽しいです。

それに歩道と車道の間にある柵がところどころ電車の形が入っていて、かわいいんです!

途中には、電車の前部分だけが飾ってあったり、蒸気機関車がちら見えしていたりと、電車好きには興奮がとまりません。

そしてそして、車両基地を越えて歩いていくと、少し道を外れますが、じっくりみられる踏み切りがあり、ここでも踏み切りと、”高崎線”や”草津”などをじっくりみます。

踏み切りに満足したら、いよいよ鉄道博物館です。

ここからが本番です。鉄道博物館は1階、入り口入って右側が車両ステーションになっています。

でも、まずは、ここで左に入って、ミニ運転パークの整理券をもらいます。

そして、疲れた体を癒すため、ミニ運転パーク手前のカフェでアイスだとか、ドーナッツだとか甘いものを買って屋上に行き、パノラマデッキで食べます。

ここには、いくつかベンチがあり、座って休むこともできますし、柵のほうで立てば、新幹線やニューシャトルをみることも、逆側なら高崎線もみることもできます。

歩き疲れた体を甘いものを食べて癒します。

持込もOKなので、鉄道博物館の前にあるミニストップで買ってから入るのもアリです。

ゆっくりして、だいぶ元気が出てきたら、1階に戻って車両ステーションです。かなりの量の車両がありますので本当に飽きることがありません。

また、車両ステーションを2階からみるのも面白いです。

そして、2階にあがったら、次はそのまま2階を横移動して、鉄道ジオラマをみます。

これがまたすばらしい!ガラスなどもないので、近くでじっくり楽しむことができます。

1日に数度、スタッフさんにより、鉄道ジオラマのショーがありますので、そちらは座って堪能します。

ミニ運転パークの整理券がゲットできていれば、大体この辺で、運転時間がやってきますので、また1階に移動して運転します。

1台たったの200円でそこそこ長い距離を運転できるなんて…

本当に鉄道博物館はすばらしいです!

ここまで楽しんだら、もう一度改めて車両ステーションを楽しむこともアリですし、2階のコレクションギャラリーや科学ステーションをみることもアリ。

一日たっぷり楽しめる、大好きな大宮駅~鉄道博物館が私の遊び場でした!