漫画・映画・ドラマのレビューサイト

漫画読んだら1つ感想文書くのがモットー

100円ショップダイソーでのあるある、ちょっとした誰にも話せない裏話をお教えします

一日の始まりは、朝礼から始まります。朝礼を執り行うのは、メンバーが持ち回りで曜日ごとに朝リーダーが引き受けます。朝礼では、前日の客数、売上金額、現金過不足額、達成率、レジ前販促個数など発表をします。前日までの会社携帯メール、iPadメール、連絡ノートも読み上げ、店長からの連絡、接客7大用語、従業員心得を全員で唱和をし、朝礼を締めます。

朝礼後には、2人のメンバーで3台のレジ開けを行います。レジ開けでは、各レジ120000円確実に入っているか確認をし、金種の枚数も合っているかの確認も行います。前日のレジ締めの際に一万円が入っていれば、他の金種の不足を考えて、レジ開け後に両替に行きます。

レジ開け以外のメンバーは、フロアの掃除、バックルームのゴミ出し、売り場の商品整理などを行います。

開店前の準備時間は朝礼を含めて30分しか取られていないから、あっという間に開店時間となります。

開店後は、その日の朝リーダーがレジシフトを組むので、それに従ってレジ業務、レジ以外のメンバーは、売り場の商品整理や届いた商品の品出しを行います。

レジに入っていても、お客様がいない、ちょっとした時間が空けば、レジ回りの商品整理や補充を行ったり、陶器を包む新聞紙を用意したり、レジ袋の補充を行います。

時々あるのが、レジロール紙を替えるタイミングで、ロール紙が残り少なくなるとレシート用紙の隅がピンク色が出ますが、お客様が少ない時だと、直ぐ交換できるものが、お客様の列になった時になかなか替えるタイミングがなく、「レシートを交換して下さい」と表示されたりと、すこし恥ずかしいな、と思う事はありました。

基本的に2時間単位でレジに入るので、時間が長く感じます。

レジ以外の時間の商品整理や品出しですが、見た目も綺麗に、同じ商品を出す時は、新しい商品を奥に、古い商品は前に出すよう指導を受けたので、常に気を付けています。

特に大変なのが、季節毎の売り場変更です。新商品が出るタイミングにもよりますが、その時期よりすこし早めに売り場をディスプレイしながら売り場を作ります。

例えば、お正月が明けたらバレンタインの売り場を作成、バレンタインが終わったら卒業シーズンに必要な色紙コーナーを作成したり、などあります。

苦手なのが、本社からの不定期な指示の売り場変更などが、時間も少ない中で行うのが正直大変に感じます。

本社からの指示などが無ければ、売り場変更の時間がゆったり取れれば、と正直思います。